檜扇(ヒオウギ) / お花の写真集

檜扇(ヒオウギ)について

檜扇(ヒオウギ)

花言葉:誠実、個性美
誕生花:7月16日 8月2日 8月25日
原産地:日本(中国、台湾、インド北部などの東アジア)
渡来時期:-
生育地:山野、草地、海岸など
学名:Iris domestica
英名:Leopard flower
和名:ヒオウギ(檜扇、桧扇)
別名:カラスオウギ(烏扇)
目名:ユリ目
科名:アヤメ科
属名:アヤメ属(ヒオウギ属)
草丈:60cm~120cm
開花期:7月~8月
植え付け期:9月~10月
無料・フリー素材として提供しています。
関連カテゴリ:
咲く季節 > 夏に咲く
五十音順 > は行 >
花の色 > 黄・オレンジ

詳細

ヒオウギは日本を含む東アジア原産のアヤメ科アヤメ属の多年草植物です。8月ごろ、午前中からオレンジ色の色鮮やかな花を咲かせ、夕方には花がしぼむ一日花です。
名前の由来は葉が扇を広げたように見える事から「檜扇(ヒオウギ)」を呼ばれるようになりました。

花のようす

花径5~6cmほど。オレンジ色で赤い色の斑点が入る花弁が6枚付く。

花のようす.2

雌しべは3本で雄しべは1本。
花は午前中に咲き、夕方にはしぼんでしまう。

種子

種子はさく果で熟すると裂けて種が出てきます。真っ黒で大きさは5mmほど、光沢があります。

葉のようす

葉は剣状の線形で幅が2~4cm程。葉が扇を広げたように見える事から「檜扇(ヒオウギ)」を呼ばれます。

全体のようす

草丈は大きいのもの1.2mほどになる。


この花と同系統・近い花



スポンサードリンク


見ごろの花

フヨウ(芙蓉)

花言葉:繊細な美、しとやか、微妙な美しさ、富貴、妖艶

サルスベリ(百日紅)

花言葉:あなたを信じる、雄弁、愛敬、活動、世話好き、潔白

タカサゴユリ(高砂百合)

花言葉:正直、甘美、威厳、純潔、無垢

ナツズイセン(夏水仙)

花言葉:深い思いやり、あなたのために何でもします、快い楽しさ

ムクゲ(木槿)

花言葉:新しい美、デリケートな美、繊細美、尊敬、柔和、信念

コマツヨイグサ(小待宵草)

花言葉:物言わぬ恋、浴後の美人、入浴後の乙女、移ろいやすさ

キバナコスモス(黄花秋桜)

花言葉:野生美、幼い恋心、絢爛

キクイモ(菊芋)

花言葉:陰徳、美徳、気取らぬ愛らしさ、恵み

キーワード検索

カテゴリから選ぶ
ワード検索(※花の名前はカタカナ)

サイトPR

花の写真集